ご依頼・ご相談別-警察署から呼び出しを受けた場合とは?その場合の対処方法について

警察署から呼び出しを受けた警察から呼び出しを受けたら、ほとんどの人はびっくりするでしょう。そして、自分が犯人と疑われているのではないか、不安になるはずです。もっとも、単に目撃者として協力を求められている場合等、被疑者でなくても話を聞かれることはありえます。そういう場合は心配する必要はないのですが、疑われている場合は、逮捕はされていなくても被疑者であり、対応を誤るとより不利な状況になる恐れがあります。被疑者というのは犯罪を犯したと疑われている人のことをいうからです。

まず、被疑者とされているが逮捕はされていない場合、警察は身柄拘束をしなくても取り調べをできると考えているから逮捕状を請求していない可能性があります。したがって、一般的には、取り調べ自体には応じた方が良いでしょう。もし無視していると逮捕状を請求される恐れもあります。もちろん、嫌疑が不十分で逮捕に踏み切れていないという場合もありますが、警察側の考えは被疑者側ではなかなかわかりません。

(もっとも取り調べに応じておけば絶対に逮捕されないというわけではありませんが、非協力的な対応が逮捕へ進んでしまうきっかけとなりうるのは一般的には事実だと思います)

では、取り調べに応じるとして、気を付けるべきことは何でしょうか?

それは、事実と異なる話には同調しない、そして、事実と異なる内容がある調書には絶対に署名、押印をしない、ことです。なぜなら、捜査の段階で自分の不利な内容が調書化されると裁判になってもそれが証拠として用いられて有罪判決につながる恐れがあるからです。そのような事態を避けるためには、被疑者としての呼び出しだと感じたら、まずは弁護士に相談することをお勧めします。そして、弁護士に、どのような対応をするべきか、詳しく相談することが望ましいと思います。

また、ケースによっては、取り調べに応じつつ、示談交渉を進めることが望ましい場合もあります。被害者のいる事件であれば、被害者との示談の成立と損害の補償の有無が起訴されるかどうかに大きく関わりうるからです。しかし、これもケースによりどのような進め方が良いかは異なるので、まずは弁護士にご相談頂ければ、と思います。

また、無罪を主張する場合は、警察側の主張するストーリーの矛盾を突いていくのが刑事弁護の核ですから、そのための証拠集めをすることが必要です。証拠は散在することもあるので、有罪・無罪を争う事案では、証拠集めは速やかに始めるべきです。もちろん、有罪を立証するのは検察側の責任なのですが、その立証を崩すためにも、被疑者・被告人に有利な証拠は重要です。

このように、事実を認める場合、争う場合によってもするべきことは違います。また、個別の事案におり望ましい対応は異なります。警察からの呼び出しを受けたら、まずは弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る