刑事事件

刑事事件で悩んでおられる方、ご家族の方へ

被疑者や被告人の立場になると、個人は、強大な捜査側に対して、弱い立場に追い込まれてしまいます。

そういう時に、あなたの強い味方になることができるのが弁護士です。

警察や検察は、あなたが罪を犯しているかを調べるために、時には執拗に追及してくるでしょう。

これに対して、弁護人は、あなたの味方です。(刑事事件で選任された弁護士を「弁護人」と言います)。
弁護人は、検察や警察に対して早期の釈放を申し入れをしたり、準抗告や勾留理由開示請求などの法的手続きを行なったり、また、接見に行って被疑者、被告人にアドバイスをする、被害者の方と示談交渉をする、関係者に情状証人となってもらうように依頼する、など、さまざまな弁護活動を行います。
弁護人が付いてそのような活動をするかどうかで、結果が変わることも珍しくありません。例えば、依頼者と示談が成立することで起訴猶予となったり、起訴されても執行猶予に留まることもあります。また、弁護人の活動で早期に釈放されることもあります(準抗告、保釈請求など)。

不安がある方、家族が逮捕、勾留されたという方、まずは、ご相談ください。

早めに弁護士に相談、依頼することで、有利な解決が出来るケースが多くあります。逆に、時期が遅くなると、取り調べへの対応の問題や示談交渉の遅れなどによっては不利になってしまうケースもありますので、早い相談が重要です。
刑事事件は、特に身柄事件では、逮捕(72時間まで)と勾留(延長を含めても通常は20日まで)の間におおよその方向性が決まると言っても過言ではありません。
その間の捜査への対応や、示談交渉によって、その後の処分が左右されることは珍しくないのです。

刑事事件は、進行が速いので、迷っているうちに不利な結果になりかねません。家族が逮捕された場合や、ご自身が疑われている場合、速やかに弁護士に相談することをお勧めします。

特に、家族が逮捕、勾留された場合や、被害者がいて示談の必要性がある場合、等には、直ちに弁護士にご相談することをお勧めします。

当事務所は、これまでから刑事事件を扱い、刑事裁判で執行猶予を勝ち取ったり、在宅の事案で示談を成立させて不起訴を勝ち取ったり、その他、準抗告で勾留取消を求めて成功した事案や、保釈請求が認められた事案など、被疑者、被告人の利益を実現してきました。刑事事件には熱心に取り組んでいますので、ぜひ、ご相談ください。

当事務所は、立川と所沢にございます(立川が本店、所沢が支店)。
どちらでも刑事事件のご相談に応じることが可能です。

電話でのご予約は、平日午前10時から午後9時30分まで、土日は午前10時から午後7時までとなっています。メールについては、24時間受け付けていますが、ご回答は営業時間内となり、若干時間がかかることもありますので、お急ぎの場合は電話をご利用ください。

お問い合わせ TEL:0120-000-000 メール相談受付中

お問い合わせ